会話形式で楽しく学ぶ税務基礎講座
会話形式で楽しく学ぶ税務基礎講座
文書作成日:2019/09/10



 軽減税率が発生しない請求書を発行するときは、従来の様式で問題ありませんか?


出演:  ・・・M社 経理部 まい   ・・・顧問税理士



― M社 会議室にて ―

M社経理部まいと顧問税理士が、打ち合わせを行っています。




 消費税の軽減税率制度について、整理し始めたら混乱してしまいました。




 そうですか。
 具体的には、どのようなことですか?




 弊社は機械部品製造業ですから、弊社の売上に関しては、消費税の軽減税率は関係ありませんよね?




 そうですね。
 軽減税率対象品目の販売をしない限り、関係ありませんね。




 では、弊社が発行する請求書は、10月1日以降何らか変更する必要はありませんよね?
 たしか請求書等については、区分何たら、になりますよね?
 今更ですが、ちょっと気になってしまって。




 令和元年10月1日以降発行が求められる区分記載請求書等は、従来の記載事項に加え、軽減税率の対象物品である旨と、税率ごとに合計した税込対価の額、この2つの記載が求められます。
 そしてこの区分記載請求書等は、軽減税率対象物品の取引を行う事業者が発行するものです。たとえ免税事業者であっても、これら2つの記載は必要とされています。
 ただし、これら2つの項目について記載がないときは、交付を受けた側が追記することも可能です。
 他方、御社のように軽減税率対象品目の販売をしない場合は、そもそも“軽減税率の対象物品である旨”を記載するものがありません。また、標準税率10%のみであれば、“税率ごとに合計した税込対価の額”は、要するに取引の対価の額ということですから、これまで求められてきた記載内容が請求書に記載されていれば、変更の必要はない、ということになります。




 ですよねぇ。




 逆の立場からですと、御社が受け取る請求書についても、軽減税率対象物品でなければ同様の考え方になります。




 ですよねぇ。




 大丈夫ですか?




 弊社の場合、軽減税率で気をつけるのは経費項目だけのはずが、記帳マニュアルを整理していたら、ふと、弊社の請求書は大丈夫なのだろうか、と気になってしまいました。




 気づくことは、とても大切なことですね。
 たとえ些細なことだと感じても、気になることは今回のようにお話いただければと思います。




 分かりました。




 あっ。
 1点だけ説明を追加させてください。
 いわゆるインボイス制度が始まる令和5年10月1日以降の適格請求書等の発行については、現在の請求書の様式では要件が具備できません。必ず、請求書の変更が求められます。
 まだ先ではありますが、請求システムの変更になりますので、時間を要するかと思います。この点は今後の検討課題ですので、こちらは改めてお話しますね。




 そうですね。
 今言われても、更に混乱しちゃいそうですから。




 そうですね。
 軽減税率制度開始後、落ち着いた頃を見計らいますね。




 よろしくお願いします。


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。


 

   
 確定申告を行わないでそのままにしているとどうなりますか                

 決算書は毎年作らないといけないのですか


AMラジオ関西558KHZ放送
『税を極めて今宵はジャズで』
レギュラー出演




佐々木康二税理士事務所
法人申告駆け込み.co

吉田義男

佐々木康二税理士事務所
イメージキャラクター
元阪神タイガース監督
吉田義男氏

★元阪神タイガース吉田義男氏特別インタビュー
新矢野監督の1997年トレードの秘話。2019年優勝に向けた課題と展望。

https://youtu.be/8lWQYhGqz5Y





元阪神タイガース吉田義男氏特別インタビュー2018年阪神タイガースの行方

https://www.youtube.com/watch?v=MpUf5ml2Ti8



★吉田義男特別インタビュー本音でしゃべる2017年のタイガースの行方。
https://www.youtube.com/watch?v=uhaOC6eMCXA



 


神戸、大阪、尼崎、西宮、芦屋、明石市が実施している緊急経済対策融資制度を案内しています。
(中小企業の資金繰り支援)

法人県民税の税制

  出版物紹介

 実践経営学研究
チャート式実践経営
   SSB出版
 佐々木康二共著




いま、相続が危ない!
「知らないと損をする相続税
のイロハ」



書籍2

会社の資金繰り絶対やるべきこと
知っておくべきこと
「あさ出版」


旬の特集
随時
その時々の旬となる話題をご紹介


今月のお仕事カレンダー


税務基礎講座


JR神戸線元町駅東出口徒歩1分
鯉川筋沿い

神戸市中央区北長狭通3丁目−6−4SKビル802号
佐々木康二税理士事務所
メールでのお問い合わせ
対応可能エリア

神戸市、大阪市、尼崎市、西宮市、芦屋市、明石市等またこれらの地域にお近くの方はご相談ください。





大きな地図で見る

法人申告駆け込み.Cm 
神戸市中央区北長狭通3丁目−6−4  SKビル802号

お役立ちリンク集

お役立ちリンク集2